お箏の大きさ

November 12, 2016

 

現在一般的に「お箏」と呼んでいるものは、絃が13本あり、長さが6尺(182cm程度)幅が27cm程度あります。

 

お箏は奈良時代に渡来してきてから、様々な改良が加えられてきました。

しかしながら、その長さは、奈良時代から現代にいたるまで、ずっと180cm位から190cm位で、それほど変化がありません。

 

一方で、それより短い「短箏」(86-160cm程度)もあります。

保管のしやすさや、持ち運びの簡便さ、学校での取り入れやすさから、現在たくさん作られていますが、短箏も作られたのは最近のことではありません。

江戸時代にも、旅の道中で弾くためや、幼年時の練習用に作られた記録があり、そのうちのいくつかは現存しています。

 

「お箏」と「短箏」の最大の違いは、音色です。

楽器が小さくなると、絃の長さが短くなります。短くなると音が高く、張りのあるものになります。柔らかく余韻のある音色を奏でるためには、6尺という長さがどうしても必要になるのです。

 

明治になり、西洋音楽が日本に入ってくると、様々な音楽表現をするために、高音域よりも低音域が求められるようになりました。

大正10(1921)年、宮城道雄は低音域を担当する大型の箏、十七絃(213×33cm程度)を開発しました。昭和4(1929)年には、ピアノの八十八鍵にならい、八十絃のお箏も試作しています。

 

昭和30(1955)年には三十絃箏(235×56cm)、昭和44(1969)年に二十絃箏、平成3(1991)年に二十五絃箏(181.5×37.5cm)が誕生しています。

現在では、一つのお箏で低音域も担当できる、不思議なお箏(万葉箏)も開発されています。

http://churagoto.exblog.jp/tags/%E4%B8%87%E8%91%89%E7%AE%8F/(美ら箏さんのblog)

 

千年以上経っても、こんなに改良され続けている楽器は、他にあるのでしょうか。

新しい音楽に出会うたびに、改良が加えられていくお箏は、永遠に開発途上なのかもしれません。

 

参考:箏と筝曲を知る辞典 宮崎まゆみ著 東京堂出版2009

   「紀州徳川家伝来楽器の箏について」野川美穂子 国立歴史民俗博物館研究報告

 第166集 2011.3

Please reload

最新記事

October 20, 2018

October 16, 2018

October 14, 2018

October 12, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

© 2016 Kotonoha All rights reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now