腹巻き

November 19, 2016

 

11月に入り、寒さがぐっと厳しくなってきました。そろそろ腹巻きの季節ですね。

 

お箏も腹巻きをしています。

お箏の腹巻きは保温をするためではありません。

お箏は桐の木を削って作られています。

桐の木材としての特徴は、細胞の膜壁が薄く中の空気層が大きいので、柔らかく軽い、という点が挙げられます。

大変柔らかいので、保管の際に、琴柱を立てたままにしてしまうと、琴柱の痕がついてしまいます。

そのため、しまう時は琴柱を外すのですが、それだけでは不十分です。

 

絃は、左右のブリッジ(「龍角」と「雲角」)に張られていますが、中央部は、甲(お箏の本体)が膨らんでいるため、琴柱を外すと、表面が、絃に押さえつけられている状態になります。

このまま保管してしまうと、表面に絃の痕が縞々についてしまいます。

お箏の腹巻きは、それを防ぐために、手ぬぐい等で当て布をしているのです。

 

丁寧に扱わないと、傷つきやすいお箏ですが、その特徴のおかげで、美しい音色を響かせられるのですね。

Please reload

最新記事

October 20, 2018

October 16, 2018

October 14, 2018

October 12, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

© 2016 Kotonoha All rights reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now